◆白熱!ぷよりんぴっく!◆
-Windows-



本誌表紙
本誌裏表紙
CD表面
タイトル画面


品名白熱!ぷよりんぴっく!
ジャンルアクションゲーム(ミニゲーム集)
対応機種Windows95
発売元コンパイル
価格Disc Station vol.17: 1,980円(税込)
発売日1997年12月6日
備考・Windows 95版Disc Station vol.17収録





@火蓋は切って落とされた





いつもと変わらず低レベルな痴話喧嘩をする2人。


『どちらの運動神経がニブいか』という不毛な言い争いをしている
アルルとウィッチ(^^;)
いいかげん痴話喧嘩にも疲れてきた頃、偶然舞い込んできたのが
サタン主催の運動会『ぷよりんぴっく』のチラシでした。




ウィッチ『そうですわ!さっきの決着をこれでつけませんこと?』

アルル『もちろん!のぞむところだよ、ウィッチ!』





そんなこんなで、女の意地をかけた戦いの始まりよー!( ゜Д゜)




A全6種目の競技


ぷよりんぴっくの競技は全部で6種類だ。
はじめに使用キャラ(アルルかウィッチ)を選ぶが、
4勝以上すれば勝利END、3勝3敗なら引き分けEND、
2勝以下なら敗北ENDを拝むことができる。

では、各種目の解説に移りましょー。




B100m走





この疾走感が◎。


増減する加速ゲージがMAX近くになったところで
ボタンを押すととスピードアップ!
フィールドをばびゅんと駆け抜ける疾走感が気持ちいいのよ。

うまくいけばタイムが10秒を切ることもあるぞ。
誰だよ、この2人を運動音痴なんて言ったの・・・(´Д`;)

でも、この種目ではウィッチはホウキに乗ってますよ。
何だかズルいですね・・・(^^;)




Cぷよ落とし





ぷよぷよ×ダルマ落とし。


次々落ちてくるぷよブロックを魔法で撃ち抜いて点数を稼ぐんだ。
ダルマ落としの要領だな。
同じ色が重なっているとまとめて撃ち抜け、高得点になる。
まとめて4つ以上撃ち抜くとレベルが上がり、スピードが上がるが
得られる得点も上がっていくという仕組みだ。

ぷよブロックをバシバシ撃ち抜くのが爽快なのよねー。




Dぷよ入れ





カゴの方が動くという斬新な玉入れ。


上から降ってくるぷよをカゴで受け止めましょう。
ワンバウンドよりもダイレクトで受けた方が高得点です。
カゴに多くのぷよが入った状態でぷよカウンターに移すと
高いボーナス点を得られますが、同じ色のぷよを4匹以上
受けるとカゴの中で消えてしまうので気をつけましょうね(^^;)

時々落ちてくるビッグぷよに潰されるとカゴの中身が
全部飛び出してしまうのが厄介だな。
毎度いいところに落ちてきやがるから油断してると
すぐやられちまう・・・(´Д`;)




E水泳





なるべく直線的に進むのがコツです。


左右のゲージ量を調節して泳ぐ方向とパワーを決定。
障害物を避けながら、相手より早くゴールするのよ!

高スピードでスイスイ泳ぐのはなかなか爽快だが、
だからといってスピードばかりに気を取られて
息継ぎを忘れていると溺れてしまうから注意しろよ。

負けたらすけとうだらのシンクロナイズドスイミングを
拝ませられてしまいますよ。
頑張ってください!((((゜Д゜;))))




F射撃





6匹のドラゴンと弾を撃ち合います。


ドラゴンが吐くブレスを魔法で撃つシューティングだ。
命中する度にHIT数が加算され、HIT数が多くなればなるほど
高得点が得られる。ブレスを食らってしまうとHIT数がリセット
されるから、撃ちもらしがないようにしないとな。

時間が経つにつれ複数のドラゴンが様々な軌道でブレスを
吐くようになるので、全競技中でも一番の忙しさです!(゜□゜;)

ブレスの出掛かりを叩くと高得点だから、
慣れてきたらパターンを覚えて狙い撃ちするのよ!




G障害物競走





相手を妨害するか?それとも好タイムを狙うか?


最終競技は障害物競走です。
各キャラはスタート後自動的に加速していくので
障害物を避けることに専念してください。

障害物は2種類あり、『かたぷよ』は魔法で破壊できるが
『魔導水晶』はライン移動で避けるしかない。
魔法を使うとスピードが大きく落ちるから、
記録を狙うならなるべく全部避けてしまえばいいんだが。

相手が同じラインにいる場合、体当たりや魔法で
動きを止めることができるのよ。
足の引っ張り合いになるからタイムは伸びないけど
対戦時はこういう遊び方も面白いわね。




H総括





果たして勝利はどちらの手に?


以上、駆け足で紹介してきましたけど、
どのゲームもスピード感があって
ついのめりこんでしまいますね。

操作性が良くてストレスなく遊べるのがいいわね。
手軽に遊ぶにはもってこいなのよ。
ぷよぷよ経験者にはルールもわかりやすいし。

スコアトライアルモードもついているから、
新記録を積み重ねたり苦手な種目を集中的に
練習したりすることもできるしな。
シンプルだが隙のない設計が光ってる。





幕間の漫才デモもやっぱり収録。


シリーズには付き物の漫才デモも、もちろん収録されてるわ。
ウィッチ視点のデモは新鮮だわよ!

体操着姿のシェゾを追い回すウィッチや、カーバンクルにも
負けないくらい大量の昼食を食べるアルルなど
各キャラたちの意外な一面が見えて面白いです(^^)

ぷよぷよシリーズとしてもミニゲーム集としても手堅くまとまった
一作だ。ディスクステーションを今さら手に入れるのは難しいが、
本作はWindows95版の『ぷよぷよSUN』にも収録されているから
そっちを狙うのもいいぞ!








(c)COMPILE 1997