◆フォーチュン・クエスト ダイスをころがせ◆
-Super Famicom-




@短めRPG特集その2


ところであなたたち、面白そうなことしてるわねぇ?

みじめ特集のことですか?(´Д`;)
みじRPG特集

そんな企画名だったのか!Σ(゜Д゜;)

私もひとつ参加させてもらうわね。
持ち合わせにちょうどいいのがあるのよ。

えー・・・。

参加させて も ら う わ ね ?

どーぞどーぞ!Σ(゜Д゜;)
ただいまお茶をお持ちしますわあ!

あら、ありがと(^^)

(この人には逆らっちゃ駄目だ)




A原作はライトなファンタジー


じゃあ次のプレゼンターをガマズミさんにお願いします。

はいはい、セットしてるからちょっと待っててねぇ。
・・・うん、できたわよ。

パッケージ表
パッケージ裏
ROMカセット
タイトル画面


タイトルフォーチュン・クエスト ダイスをころがせ
ジャンルボードゲーム
対応機種スーパーファミコン
製作・発売元ザムス
発売元バンプレスト
価格9,800円(税別)
発売日1994年4月28日

私が持ってきたのはこのSFCソフト「フォーチュン・クエスト」よ。

フォーチュン・クエスト!
原作がコンピュータRPGの要素を多分に含んだ
冒険ファンタジー小説だから、ゲーム化には向いてそうかも。


   

1989年以降、20年以上の長きに渡り現在までに30冊以上が刊行されている長期シリーズ。




でも、サブタイトルが「ダイスををころがせ」ですよ?

てかこれボードゲームだろ!
RPGじゃねえよ!




B略称としてのRPG


ちゃんとRPGだってば。
いい?これは当時の広告なんだけどね・・・。




発売前の雑誌広告。


こんなものまで持ってるんですかあ(^^;)

コアでディープな古物屋だしねえ(^^;)

右側のここをよく見てご覧なさいな。

右側?あ、キャッチコピーには確かにRPGって書いてあるな。
だが・・・?










えええええええ!Σ(゜Д゜;)

ただのダジャレですかー!?Σ(゜Д゜;)




C6人で遊べるボードゲーム


もしかして、それが言いたかっただけ?(´Д`;)

ご明察(^^)
と言いたいとこだけど、ちゃんと紹介もするわよ。
フォーチュン・クエストはメディアミックスの成功例だから
ちゃんと宣伝しておけば関連商品が売れてくれるのよね。

腹黒っ!Σ(´Д`;)

それだけじゃなく、パーティーゲームとしても高く評価してるのよ。
ただのダジャレで済まされちゃったけど、6人で遊べるゲームが
他にあったかしら?

そういえばそうですね。




Dクエストの定義


「フォーチュン」におけるクエストっていうのは、いわゆる冒険のこと。
このゲームの中では「誰かに何かを頼まれて」、「どこかに何かを
探しに行き」、「どこかの誰かに届けに行く」という定義がなされてるわ。

それってただのお使い・・・。
まっ、駆け出しパーティーらしいといえばらしいけど。

各プレイヤーがこのクエスト達成を巡って争うスゴロクのような
ゲーム、それが「ダイスをころがせ」なのよ。




Eキャラクター選択



  
  

お馴染みの愉快な仲間たち。




まずはプレイヤーキャラを選ぶんだな。

原作のパーティーキャラが勢揃いですね(^^)

シロちゃんは司会進行役かあ。
ま、犬が一匹でこんなお使いしてたら変だもんね。
しょうがないか。

ボク、犬じゃないデシよ!ホワイトドラゴンデシ!

!!?Σ(゜Д゜)

じゃあ、せっかくなのでCOMも入れて6人全員でやってみましょう。
次はプレイするクエストの数を決めて・・・と。

6人だと時間がかかるから、今回はクエスト1つでやってみましょうか。
1つでもどういうゲームなのかわかってもらえると思うから。

い、今のは・・・何!?(´Д`;)




Fフィールドマップ





今作の舞台の全容。




これがマップですね。
なんとなく画面構成が桃鉄に似てるような気がしません?

あ、私も思った。青・赤・黄色のマスとかね。

ユーザインターフェイスもそっくりだな。

似てるのは見た目だけで中身は全く別のゲームだから、
そこのところは誤解しないでおいてね。
それに桃鉄経験者だと逆に混乱しちゃうかも知れないわ。
マスの色の意味合いもずいぶん違うから。




Gマス紹介1





青マスについて。




この青マスはイベントマス。
ここに止まると色んなイベントが起こった起こらなかったり。

起こらなかったりもするのか(´Д`;)

するわね。
それに、いいことだけじゃなく悪いことが起こることもあるわ。
お金をスられたり、風邪をひいて一回休みになってしまったりね。

キャラクターごとにイベントが違うのね。
何となくクレイはマイナスイベントが多そうなイメージがあるわ。

実際多いわよー。
それに、クレイはカードの初期状態がまず不幸なのよ。




なんとなく縁起の悪そうなカードばかり。




名前からして使えなさそうなカードが・・・。

最初に持ってるカードもキャラクターごとに違うんですねえ。




Hマス紹介2





赤マスについて。




赤はモンスターマス。
ここに止まるとモンスターとジャンケン勝負になるわ。

ずいぶん平和的な戦闘ですねえ。

ジャンケンに勝つとお金やカードが貰えるわ。
負けたら悲惨なことになるけどね。

引き分けだとそのまま戦闘終了なんだな。

プレイヤー同士が同じマスに止まったときもジャンケン勝負になるわ。
クエスト後半にはイベントアイテムの奪い合いも頻繁に起こるわね。




Iマス紹介3



 

黄色マスについて。




そして黄色が罠マス。
JBIIIがゲームを盛り上げるために仕掛けた嫌らしい罠よ。
どこか違うところに飛ばされたり、1回休みになったりするわ。
この罠マスの厄介なところは、ぴったり止まらなくても通過
するだけで発動しちゃうことね。

えー、そんなの大変じゃないですか!Σ(´Д`;)
迂回するルートを選んでいかないと。

罠は必ず発動するわけじゃないのよ。
ジャンプカードを使って罠を飛び越すこともできるのよ。
朝よりも夜に発動しやすいっていう傾向もあるわ。

つまり、発動率が低い朝は罠を覚悟で進んで、夜はジャンプカードを
使えばいいってことか。

確実ではないにせよ、回避できる可能性は高まりますね。

いくらジャンプカードがあっても罠マスにぴったり
止まったら意味がないから注意しなさいね。
そうそう、罠はプレイヤーがカードを使って
仕掛けることもできるわ。




Jマス紹介4



 

町や村では買い物ができる。




もう時間がないから残りは簡単にいくわよ。
町・村マスではカードの売買ができるわ。
そこがクエストの目的地だった場合は
誰かが最初に到達した時だけイベントが発生するわ。

↓はワナ倉庫。
罠カードを持てるだけ補充できるわ。
どんな罠かは選べないんだけど。


 

無料で罠カードがもらえる。




↓はワナカタパルト。
持っている罠を好きなエリアに設置できるわ。
マスの説明はだいたいこんなとこかしら。


 

任意の場所に罠を発射することができる。




いよいよクエストの受注です!




Kクエスト開始





おさしみクエスト。




ラングーサでお刺身を手に入れてタル・リコの食堂に運ぶんだって。
報酬は500FP・・・FPって何だっけ?

ああ、忘れていたわ。
このゲームは設定した数のクエストが全部終了した時点で
最もFP(フォーチュン・ポイント)が多いプレイヤーが
勝者になるのよ。

クエストの内容によって報酬は違うのか?

このクエストみたいに期限付きのものだと報酬は高くなるわね。

自分でクエストを達成できないと思ったら、相手のプレイヤーの
邪魔をして期限切れに持ち込むのもアリかもね。




L逸れる仲間たち





拠点、シルバーリーブ。




スタート地点はシルバーリーブですね。
6人もいるのに道が1方向しかないから
何やらゴチャゴチャしてますよ(^^;)

どうせすぐにバラバラになるわよ。




怪鳥に攫われる。







オウムにされて飛ばされる。







やっぱり鳥に攫われる。




みんな罠にかかりまくり・・・(´Д`;)

本当に散らばっちゃった(´Д`;)
CPUがいきなり罠張りまくるんだもんなー。




Mオウムのリーダー



 

原作でもオウムになっていたクレイ。




あはっは!クレイがまたオウムになったわあ!

クレイったらやっぱり不幸なんですねえ。

なんで俺だけ何回もこんな目に・・・(´Д`;)




N方向音痴のマッパー





パステル、いつものように道に迷う。




え〜ん、道に迷ってしまいました〜(T_T)

さすが方向音痴のマッパーだな。

その地図逆さまなんじゃないの?

私だって好きでマッパーになったんじゃないですよ!?
ギルドがクジ引きなんかで職業を決めさせちゃうから!




O勝利は誰の手に





表彰画面。




その後クレイがイベントアイテムを獲得したものの、
ダイス運が悪くなかなかゴールにたどり着けずに
既のところでイベントアイテムをノルにかっさらわれ、
そのままゴールを許したのでした。

ちくしょおおおおorz

最後らへんは確実に妖怪「いちたりない」に
取り憑かれてたわねー(^^;)
私は一発逆転を狙って最後まであがいてたけど、
最後の最後でカード運に恵まれなかったわあ。

優勝争いに絡んだだけでもいいじゃないですか(^^;)
私なんてずっとマップのあちこちをウロウロしてましたよ。

お前は迷ったり罠で飛ばされたりしすぎなんだよ(´Д`;)




Pひと勝負終えて


いやあ、面白かったわあ!
ねえ、もうひと勝負しない?

もちろんいいですよー。
あ、でもやっぱり6人だと時間がかかりすぎたので
少し人数を減らしませんか?(^^;)

うーむ、だが誰を外すんだ?

誰を外しても物足りなく・・・淋しくなりそうよねえ。

あなたたちはこのゲームの面白さをちゃんとわかってるみたいね。

このゲームの面白さって?

このゲームはよくある双六タイプのゲームだけど、
特別なオリジナリティがあるわけじゃあないし、罠にかかる頻度も
高めだから決してテンポもいいわけじゃないわ。
出来そのものはいいとこ平均点くらいなのよね。




Qなりきる楽しさ


このゲームで突出して楽しいのは、それぞれのキャラクターに
なりきれるところね。
フォーチュン・クエストはTRPGとしても広く展開していた
くらい、キャラクターになりきることの楽しさには定評があるのよ。




『フォーチュン・クエスト・コンパニオン』。1991年に刊行された初代のルールブックである。




そういえば、私も思わずパステルになりきってました!
原作を知ってる仲間と一緒に遊ぶと楽しいですね。

パーティーゲームを仲間とやったらそりゃなんだって楽しいわよ(^^;)

あら、せっかく今回の特集に合わせて用意してあげたのに
つれないわ。

え?ダジャレでしょう?(^^;)

キャラクターになりきってプレイできるゲーム、これ
すなわちロールプレイングゲーム(role-playing game)よね。

あっ!?Σ(゜Д゜;)

そういうことかよ・・・
うまいこと言われてしまったな。

テレビゲームでこういう遊び方ができるのは珍しいと思うわ。
パーティゲームだから決まった展開があるわけじゃないし、
アドリブの演技も活きてくるはずよ。

原作を知らないと厳しいかも知れんが、キャラクターゲームとしては
いい題材を上手く活用できてるんだな。

このゲームで遊ぶと原作のことがもっと好きになりそうね?

そしたらうちの店で関連商品をいっぱい買っていってね。
小説からドラマCDからDVDからLDからボードゲームから、
色々取り揃えて待っているから・・・(^^)

結局それかよ!

ああ、でもちょっと欲しいかも・・・
でもさすがにLDはいらないかなあ。








(c)深沢美潮(WIZ)
(c)迎夏生
(c)角川書店
(c)ZAMUSE 1994