◆おもちゃのカンヅメ 黄金のキョロ缶◆
-GOODS-





品名おもちゃのカンヅメ 黄金のキョロ缶
販売形態懸賞
製作元森永製菓
時期2007年頃
備考




@金のエンゼル


え…こ、これって…。


どうした?何があったんだ?

まさか…本当に!?

ちょっと見せてみろ!
これは…こいつは…正真正銘の…。




金のエンゼル。




金のエンゼルだああああああああああああああ!!!!Σ(゜д゜)




A当選確率は企業秘密


なんだなんだ!うるさいぞお前ら(´д`;)

師匠!

店長!どうしてここに?

ものすごい叫び声が聞こえたから駆けつけたんだ!
うちの店はこの通りの裏にあるからな。

森永チョコボールで金のエンゼルが当たったんですよ!

当てたのは私だよ。

ほう、それは珍しいな。
正確ところは公表されていないが、金のエンゼルが出る確率は
良くても数百分の1と言われている。俺もほとんど見たことはないな。
しかし、だからと言ってあんな大声で叫び上げるのはやめろよ?
(´д`;)




Bコラボレーション





進撃の『キョロ』人。




「進撃のキョロ人」…か。
今は進撃の巨人とコラボレーションしてるんだな。

チョコボールがこういう風にタイアップするって珍しいよね?

いや、そうでもない。
そもそも初代チョコボールはTV番組のタイアップから
始まっているしな。

そうなんですか?

1965年に販売が開始された森永のチョコレートボール。
当初パッケージに描かれたいたのは、当時放映されていた
TVアニメ「宇宙少年ソラン」のマスコットキャラクター、
リスの「チャッピー」だった。




「宇宙少年ソラン」より「チャッピー」。




最初はキョロちゃんじゃなかったんだ!

ソランの放映終了後もチョコレートボールはリニューアルを施して
販売が続けられることになった。そこで新たなマスコットキャラクターと
なるべく生み出されたのがキョロちゃんというわけだ。

チョコボール、美味しいもんな〜。
アニメ終了と同時に生産終了じゃあもったいないですもんね。

おもちゃのカンヅメ(当時はマンガのカンヅメ)のバリエーションに
やはり当時大人気だったウルトラマンとコラボしたものもあった。
このようなコラボもそうだが、味の調節やフレーバーの追加なども
精力的に行って時代が求めるものに柔軟に対応してきたからこそ
今まで長く続く人気商品になっているんだな。

やっぱり店長は物知りですね(^^)

このあたりの話は森永チョコボールの公式サイトに
もう少し詳しく書いてあるから、興味があるなら
読んでおくといい。なかなか興味深いぞ。




B黄金のキョロ缶


なるほど、お前らは前回おもちゃのカンヅメネタを扱ったんだな。
ではせっかくだから俺からもひとつ提供しようか。
リニューアルからも愛され続けて40年、その記念として
製作されたおもちゃのカンヅメのバリエーション。
その名も「黄金のキョロ缶」だ!

おっと、その前に閲覧者の方たちに注意です。
ここから先はカンヅメの中身を画像を使って紹介するから、
夢が壊れると思う人は今すぐこのページを閉じてね (ゝω・)




金色塗装のキョロちゃん。




おお、金ピカだ!初めて見た!

ざらめちゃんはこれ持ってないの?
おもちゃのカンヅメいくつか持ってるって話だったけど。

この時期はエンゼルがほとんど当たらなかったんだよー(TдT;)

じゃあ中身を見ていくとしよう。




キョロちゃんのビックリチョコボールケース。




1番手はキョロちゃんのビックリチョコボールケース。
チョコボールを紙箱から移し替えて入れておくケースなんだが…。
どれ、お前たちに少し分けてやろう。ここのスライドを開けて中身を出すんだ。

いいんですか!やったー。




ビックリ成分。




わ"−−っ!!Σ(゜д゜;)

…と、このようにキョロちゃんが飛び出す仕組みになっている。

ビックリ箱ですか!
人が悪いですよ師匠〜〜〜(TдT)


 

40周年記念パズル。




記念イラストが描かれた9面パズル。
表裏どっちでも遊べるつくりだね。
スタンドにもなってるから置いて飾ることもできるみたい。


 

キョロちゃんのピョンピョンスタンプ。




押すと中のキョロちゃんが跳ねるスタンプだ。
水鉄砲と同じ原理だな。


 

キョロちゃんのぐるぐる起き上がりゴマ。




見た目は普通のコマだけど…
回すと起き上がってくる!不思議!


 

ひろってひろってチョコボール迷路。




昔よくあった銀玉ゲームだね〜。
これは銀玉が3つもあるから、全部中央まで持っていくのは
大変なんだ(^^;




キョロちゃんの黄金シール。




これで最後になるが、キラキラと黄金に輝く記念シールだ。




C新たな時代へ


40周年の記念だからなんだろうけど、前回取り上げたキャラメル缶よりも中身が豪華になってるね。

景品法の問題があるから原価が上がったわけじゃないはずだが、
なかなか頑張ってくれてるのがわかるな。
記念とするにふさわしい出来になっていると思うぞ。

黄金のキョロ缶は、缶の形をしてないことにも意義があるんだよ!
この形があったから、この後に出てくるおもちゃのカンヅメは
独創的な形のものが増えて面白くなっていくんだから。
アイディア革命のきっかけでもあるんだ。

今回はこんなとこだかな。
ではこれからも面白いネタを見つけて取り上げてくれよ。
期待してるからな!

はい、師匠!(^^)

次は私からも何か出そうかねー。