◆ああ播磨灘◆
-GAME GEAR-



パッケージ表
パッケージ裏
ROMカセット
タイトル画面


タイトルああ播磨灘
ジャンルスポーツゲーム(相撲)
対応機種ゲームギア
発売元セガ・エンタープライゼス
価格3,800円(税別)
発売日1993年7月2日




@50音順のマジック


あの『遊ぶと強くなる横綱ゲーム』が携帯ゲーム機にも堂々参戦!
今回はゲームギア版『ああ播磨灘』を紹介したいと思います。

また播磨灘か…(´Д`;)
あんた原作に深い思い入れでもあるの?

確かに好きな作品ではあるんですけど…。
ほら、ここで取り扱うゲームを選ぶときはカタログや
倉庫の保管リストを見て考えるじゃないですか?

ああ、倉庫にあるタイトルは全部お前が大技林に印をつけてるから
それはよく参考にするな。なかなか便利だと思うぞ。

その大技林でもそうなんですが、ハード別で50音順のカタログだと
播磨灘が一番最初に出てきちゃうんですよ(^^;)
何度も目に入るから気になっちゃいまして。

そ、そんな理由だったの?(´Д`;)




A導入部


さて、本作の開発はMD版と同じく、TVアニメ版でもスポンサーをつとめたセガだ。

なーんとなく、やな予感…(´Д`;)








ゲームを開始するや否や、異形の仮面をつけた
力士が現れます。果たしてその正体は‥!?
謎を呼ぶオープニングに引き込まれます。

白々しいにもほどがあるわあ!(´Д`;)




コンティニューは3回まで可能。




狙うはもちろん双葉山越えの70連勝!
負けたら即引退という緊張感の中、播磨灘の挑戦が幕を開けた!




Bこれがセガ的大相撲





勢いよくゴロゴロ転がる相手力士。




あー、これまたすごい勢いで転がしたわねー(´Д`;)
やっぱりGG版にもオリジナルの決まり手があるのね。

え、これただの『叩き込み』ですけど。








嘘ぉ!?Σ(゜Д゜;)
叩き込みでこんな派手な転がり方する!?

まあ、セガだからなぁ。

セガですからねえ。

その言葉の前ではどんな疑問もふっとぶわ…(´Д`;)




Cオリジナルの決まり手


それはともかくとして、ちゃんとオリジナルの
決まり手は別に存在するぞ。














これがそのうちの一つ『青龍激破掌』です。
ライフゲージ点滅中に方向ボタン上を押しながら
1ボタンを押すと発動する強力な必殺技ですよ。

回ってるとか埋まってるとか言いたいことは色々あるんだけど…。
この技、アッパーに見えない?(゜Д゜;)特に2コマ目のところ。
一応相撲なんだから殴ったら反則よ!?

どうでしょう?打撃の瞬間は青龍の陰に隠れてよく見えないですし、
描き込みも粗いのではっきりとはわからないですね(^^;)

とりあえず物言いはついていないようだが…。

駄目よ!そういうところはちゃんとはっきりさせないと。
そうやって見て見ぬふりをするから角界の腐敗が進んで
しまうのよ!( ゜Д゜)




※一応ちゃんとした張り手のようです。ご安心ください。











(c)さだやす 圭/講談社・テレビ東京・EF
(c)1993 SEGA