◆ドラゴンクリスタル ツラニの迷宮◆
-GAME GEAR-





タイトルドラゴンクリスタル ツラニの迷宮
ジャンルロールプレイングゲーム
対応機種ゲームギア
発売元セガ・エンタープライゼス
価格3,500円(税別)
発売日1990年12月22日




@コンシューマ初のローグライクゲーム


今回はゲームギアから、『ドラゴンクリスタル』を紹介させてもらうわ。
これはコンシューマ初のローグライクRPGとして知られてるのよ。

私はぜんっぜん知りませんでしたけど(^^;)

ゲ、ゲームギアユーザーの間では常識なんだからね!(´Д`;)

なんでそんな強がりを!Σ(゜Д゜;)




Aだけどそんなに知られてない


まあ、このゲームがローグライクRPGの発展に寄与したかと言えば
おそらく全くしてないんだけどね(^^;)
このジャンルをいち早くコンシューマに持ち込んだセガの先見性は
認めるけど、定着させられなかったら意味がないのよねえ。

マイナーなゲームギアで出しちゃったからじゃないですか?

それもあるだろうが、同じローグライクRPGである『不思議の
ダンジョンシリーズ』が成功したのはこのジャンルに慣れない
ユーザーに向けて間口を広げる工夫をしたからだ。
ところがドラゴンクリスタルの場合、基のローグが持つ
とっつきにくさもそのまま持ち込んでしまった。
故に当時は理解されず、不当に低い評価をされてしまっていたんだ。

なるほど。
だからローグライクRPGが定着した今の時代に
再評価しようというわけですね。

まーそういうこと。




BローグライクRPGの要素


じゃあ、ローグライクRPGがどういうものなのかについてだが。

それを言葉で説明するのはメンドウだわね(´Д`;)
とりあえず、ドラゴンクリスタルでも採用されてる特徴を
以下に列記しておくわ。




・ランダム生成ダンジョン
・ターン制の戦闘システム
・食糧制限
・アイテムは識別しないと効果が分からない





まあ、基本的なところですね。
これがなかったらローグライクRPGじゃないというような。

この辺を踏まえて、ドラゴンクリスタルならではの
良いとこ悪いとこを挙げていくことにするわね。




Cゲームバランスと世界観



 

4種類ある迷宮から向日葵の迷宮とモアイの迷宮。ハイセンスにも程があるだろ。




早速だけどこのゲーム、バランスがなかなか良いのよ!
敵やアイテム、装備品の性能に個性があるから工夫の
しがいがあるのよ〜。
初心者にはちょっと難しいかもしれないけど…。

敵を一撃で倒すが自分のHPの半分になる『ハラキリロッド』、
敵と自分の体力を入れ替える『バンパイアロッド』など、
癖のあるアイテム類を使いこなすのが楽しいんだ。
妙なユーモアも独自の世界観を生んでると思う。

『斬鉄剣』がスライム系の敵に効かないっていうのは
なかなかシャレがきいてると思ったわあ。

それって、元ネタはルパンV世の斬鉄剣ですね?(^^;)
コンニャクが切れないっていう…。




D取説頼りの仕様解説


で、欠点としては折角の個性がある反面、
その情報がプレイヤーに伝わりにくいことかしら(´Д`;)

ゲーム内での説明があんまりないからな(´Д`;)
ポーション類やロッド類は使ってみれば大体分かるが、
装備や敵の特性は理解するのが難しいかも知れない。

取説ないとちょっと厳しいかもね。
あ、そうそう、取説と言えばこのゲームには取説がないと
まず分からなくて詰んでしまうような仕様があるのよ(^^;)

ああ、隠し通路のことだな。
あれには苦労させられたもんだ(´Д`;)




E隠し通路





一見すると行き止まりのようだが…?





隠し通路があった!




冒険中、どうしても出口への道が見つからないことがあるわ。
そういう時はどこかに隠し通路があるのよ。
隠し通路は何もない壁に向かってボタンを連打すると
見つかるんだけど、探すのがとてつもなく面倒なの(´Д`;)

えー、それは厄介ですね(^^;
どこかにヒントがあったりはしないんですか?

ある程度のパターンはあるが、それは経験で覚えるしかないな。
通路の行き止まりにあることもあれば広間の壁にあることもある。
ここでボタン連打をするだけで食糧が減るから、運が悪ければ
見つけられずに餓死することになってしまう。

この仕様は取説なしで買ったユーザーにはバグ扱いされちゃって、
ゲームの評価がさらに下がったのよね。ちょっとかわいそうかも。

いっそ、この仕様は取っ払った方が良かったんじゃあ(^^;)

経験上、隠し通路は行き止まりにあることが多かったから
行き詰ったら優先的に調べてみると良いかもな。




F竜の卵





主人公の後ろを健気について回る竜の卵。




だけど、難しいだけじゃなくってちゃんと救済措置もあるわ。
例えば、この主人公の後をついてくる竜の卵なんだけど。

えっ!?これ卵だったんですか?
ズダ袋か何かかと思ってました(^^;)

気持ちは分かるけど、れっきとした竜の卵なのよ(^^;)
レベルが上がるとちゃんと成長してくれるわよ。

なるほど、この竜が一緒に戦ってくれるなら
心強いですね。

いや、残念だが一緒に戦ってはくれない(´Д`;)
この竜は成長してもただ付いてくるだけなんだ。


拍子抜けよね(´Д`;)でも要らない子なのかというと
そうじゃなくて、実はこれでも結構役に立ってくれるのよ。

竜は壁の役割を果たしてくれるんだよ。
言い忘れてたが、このゲームは斜め移動ができない。
だから最大でも4方向からしか敵の攻撃がこないんだが、
竜がいると3方向になるし、壁際だと2方向、部屋の隅や
通路だと1方向の敵だけ相手にすればいいことになる。

攻撃はしてくれないけど上手く動かせば戦いが有利になるんですね。
なかなか面白そうです(^^)




G初心者向けのアレンジ


あと、ローグライクRPGは基本的に死んだら1からやりなおしだが、
お金を使ってコンティニューできるようにもなっている。
ゲームオーバー時と同じ階層とレベルでやりなおせるんだ。
所持品はなくなってしまうが、これも良いアイディアだと思ったな。

深いところまで潜ってればそれだけお金も貯まってるでしょうから、
チャンスが増えるわけですね。

よく考えられてるわよね。
ただ難しいだけじゃなく、プレイヤーの知恵と工夫で
攻略できる下地がちゃんとしてるのよ。




HACアダプタをご用意ください


で、持ち上げた後に落とすようで悪いんだけど、
このゲームには致命的な欠点があってね(´Д`;)
何かというとセ ー ブ が で き な い のよ。

ほえ?
ローグライクRPGでセーブができないのは
普通のことだと思いますけど。

今言ったセーブは中断セーブのことな。
電源を切ったら一切の記録が消えてしまうんだ。
クリアしようと思ったらぶっ通しでやり続けるしかないんだよ(´Д`;)

え、と…。
このゲーム、クリアまで大体何時間くらいですか?(^^;)

全30階層あって、順調に行ったとして3〜4時間かしら。
ちなみにゲームギアの駆動時間は2〜3時間よ。
すなわち乾電池だけじゃエンディングまでは無理!
クリアしようと思ったらACアダプタは必須なのよ!

これはひどいよな。
携帯機ってことを全く考えてない。
ソフトってのはハードの特性に合わせて開発されるべきなんだが。




I祝・バーチャルコンソール化


それで、結論としては…。

ローグライクRPGとしてはオーソドックス。
初心者向けではないけれど歯ごたえを求める上級者には
程よいバランスで、セガらしい妙な世界観には独特の魅力があるわ。
ただし中断セーブができない最大最悪の欠点があるから
プレイするなら時間のある時に家でやるに限るわね。

結局のところ、面白いが人には薦めにくいゲームなんだよな。
発売当時はローグのシステムが受け入れられずに埋もれたが、
今やろうとすると今度は中断機能がないのがネックになって…。
セガはどうしてこうもツメが甘いんだ(´Д`;)

ところで、このゲームはバーチャルコンソールの配信予定にも
入ってましたよね。バーチャルコンソールならどこでもセーブ
できるので、そちらで遊べばその欠点は解消されるんでは。

中身は一緒だし、入手難度を考えても薦めるならそっちの方だな。
だが、ローグライクゲームでどこでもセーブできる機能は
諸刃の剣だぞ。便利な反面、いくらでもやり直しがきくから
緊張感もなくなってしまうおそれがある。

その辺はプレイヤー側で上手に折り合いをつけて遊んでほしいわね。
とりあえず今は無事に配信されることを祈りましょう。








(c)SEGA 1990