◆アクロバットキッズ◆
-GAMEBOY ADVANCE-



パッケージ表


タイトルアクロバットキッズ
ジャンルアクションゲーム
対応機種ゲームボーイアドバンス
発売元メトロ・スリーディジャパン
価格4,800円(税別)
発売日2002年12月20日




@ジェネシスからの使者


かつてサンソフトによってジェネシス(海外版メガドライブ)で
リリースされ、日本でもリリースされる予定があったにもかかわらず
あえなく発売中止になったゲームがあった。

その名は「エアロ・ザ・アクロバット」。
スーパーファミコンへの移植計画も頓挫し、
もう日本で遊ぶことは出来ないと思われた当ゲームが
9年の時を経て電撃的にゲームボーイアドバンスへ移植されました。
それが今回紹介する「アクロバットキッズ」…なのですが。

全然知らないゲームだけど、パッケージのキャラクターが
可愛くて目を引くわね。




Aどうしてこうなった


そう、そう思うのは甘いんですよみどりこさん…。

え?(´Д`;)
何か変なこと言った?

よ〜く考えてみるんだ。
これはメガドライブの、しかも洋物のゲームなんだぞ…。

??????

どう考えても油っこい組み合わせでしょう!?
こんな可愛らしい口当たりの良いキャラクターが
出てくるわけがないじゃないですか!

はあ?
パッケージにいるキャラが出てこない?
なんだか言ってることが良く分からないわあ。

とにかく、一度ゲーム画面を見てください。
一目見てもらえば絶対に分かりますから!
いいですか、よーく見ててくださいね!










































パッケージ買いした者を絶望のどん底に突き落とすタイトル画面。


とくとご覧ください!これがアクロバットキッズの正体です!




B悪夢のローカライズ


きゃあああああああ!
何よこの口裂けコウモリのお化けは!?Σ(゜Д゜;)

残念なことに、これがパッケージのキャラクター「エアロ」の
正体なんです。
狼狽する心中は痛いほどお察ししますよ(-_-;)

面影が全っっっ然ないじゃない!Σ(゜Д゜;)


 

さあ、見比べてみよう!


ローカライズの際にパッケージイラストだけを
日本向けに修正したみたいなんだよな・・・。
何を考えてこんなことしたんだか理解に苦しむ。

これはひっでえわね(´Д`;)

ちなみにこのゲーム、出来はそれなりにいい。
ソニックシリーズを彷彿とさせるハイスピードアクションは
爽快で、アメコミ風の演出も面白い。
操作が難しく、慣れるまでにかなりの習練を要するあたりは
メガドライブっぽいとも言えるかな。
アメリカではそれなりに人気があって続編も出たようだ。 

でもこの売り方はないですよ!
パッケージの絵をに魅かれて買った人は本編とのあまりの落差に
気が削がれてそこまで遊びこまないでしょうし、
この手の硬派なゲームが好きな人は逆にパッケージで
敬遠しちゃうと思います。誰も得をしないんですよ。

説明書も海外版を直訳しただけだからすっげえ読みにくいし、
まともに売る気があったのかどうかさえ疑問だな。
日本ではほとんど売れなかったらしいが、それも当然の末路だろう。
ローカライズの大切さってものを全くわかっちゃいないんだ。

確かにこれじゃあねえ…。
オリジナル版の製作者には同情したくなるけど。

そんなわけで私も序盤までしかプレイしてません。

このソフト、あんたが持ってきたの?

いや、俺がこいつから発売日の翌日にもらったやつを持ってきた。
可愛い物好きだから相当にショックが大きかったみたいだな。

あ、そうなんだ(´Д`;)
発売日に…クリスマス商戦の時期に…これ買ったんだ。

どこかの子供達のクリスマスプレゼントになってないことを
祈ります…(TT)








(c)1993 DAVID SILLER.ALL RIGHTS RESERVED. DEVELOPED BY ATOMIC PLANET AND DAVID SILLER. PUBLISHED AND DITRIBUTED EXCLUSIVELY UNDER LINCENSE BY METRO3D. METRO3D AND THE METRO3D LOGO ARE TRADEMARKS OF METRO3D,INC.