◆スーパーマリオブラザーズデラックス◆
-Game Boy-





タイトルスーパーマリオブラザーズデラックス
ジャンルアクションゲーム
対応機種ゲームボーイ(カラー専用)
発売元任天堂
書換え価格1,050円(税込)
書換え開始日2000年3月1日
備考ニンテンドウパワー書き換え専用




@ゲームボーイのニンテンドウパワー書き換え専用ソフト第一弾


ニンテンドウパワーのゲームボーイオリジナルソフト第一弾は
任天堂の顔であるマリオが飾ってくれました。
今回は『スーパーマリオブラザーズデラックス』です。

1995年の『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』(SFC)以来久しぶりの
2Dアクションのマリオであること、シリーズ最高の本数を売り上げた
『スーパーマリオブラザーズ』のパワーアップ移植であることから、
次世代機ブームの脇で密かに期待されていたゲームだったな。

ほんと密かだったけどね(´Д`;)

うむ・・・このソフトの書き換え開始日のすぐ3日後に
プレイステーション2の発売日が迫ってたからなあ。
その熱狂の影に隠れた形になってしまったことは否めない。

でも、ゲームボーイのファンやマリオのファン、次世代機の購入を
見送っていたユーザーには期待されていたんです!
ひっそりと、ではありましたけど(^^;)
私も書き換え開始日には朝から自転車で40kmを駆けて
最寄りのローソンまで行ってきましたよ!

頑張りすぎだわあ!
ていうか田舎すぎだわあ!Σ(゜□゜;)40Kmって!

当時県内で唯一のローソンだったんですよ〜(TT)




A『ORIGINAL1985』モード





ファミコン版の完全移植…とはいかなかった。




このゲームは多数のゲームモードを収録しているのが売りなの
ですが、まずは『ORIGINAL1985』モードから見てみましょう。
ファミコン版の再現を謳っただけあって雰囲気はかなり近いですね。

ゲームボーイでここまでできるのは素直に感動するわね。
そういえばゲームボーイカラーの同時発色数はファミコンより
多いのよね。あんまり知られてないみたいだけど。

色数では確かに優ってるんですけどね…。
だからといってファミコンの完全な再現ができるわけではなくて。
この画面を一見すると確かに完璧な移植にも見えますけど、
ファミコン版とは決定的な違いがあります。
よーく見比べてみてください。


 

左:GBC版。                     右:FC版。




GB版は画面がせっまいことがひと目でわかるわね…。

キャラクターのサイズは寸分違わず再現されている…。
だが、ゲームボーイはファミコンに比べ
圧倒的に解像度が低いんだ。だから、同じ大きさの
キャラクターを出そうとすると必然的に画面が狭く
なってしまうんだな。

画面が狭くなると、例えばこういった変化が起きます。
下の2枚は全く同じ場面で撮影されたものなのですが…。


 

左:GBC版。                     右:FC版。




左の画面を見る限りじゃ、次に一体どこにジャンプしたら
いいのか全くわからんな。

ファミコン版は横にしかスクロールしないんですが、
やはり解像度の問題からコースを再現しようとすると
上下にもスクロールさせる必要があります。
結果、マリオがいる場所を中心にスクロールさせることになり、
高い場所に行くとこんなことになってしまうんです(´Д`;)

その点は少々残念ではあるが、オリジナルから改善された点もある。
携帯機であることも考慮してセーブ機能が追加されたし、
ループ面では正しいルートを通ったかどうか判定する音が
鳴るようにもなった。こういった改良は嬉しいところだ。




B『CHALLENGE』モード



 

ステージ内に隠された赤コインやヨッシーのたまごを探そう。




『CHALLENGE』モードはコースこそORIGINAL1985と同じですが、
コースに新たに隠された『ヨッシーのたまご』と『5枚の赤コイン』を
探し出したり、コース毎に設定された『チャレンジスコア』を目指す
ことが目的のモードです。

マリオの面白さのひとつである探索要素をさらに突き詰めたモードで、
タイムアタックとはまた違った楽しみがあるな。

何百回と遊び慣れたコースだけど、ちょっと手を加えただけで
全く新しいプレイ感覚になるわね。目からウロコだわ〜。




C『VS GAME』モード



 

左:1Pの画面。                    右:2Pの画面。




『VS GAME』はなんと通信ケーブルを使った対戦型のモード。
バリエーションが豊富よねえ。
2人で同じコースを妨害しあいながら進んでいって、
先にゴールに辿り着いた方が勝ちよ。

このモードは点線ブロックの使い方がカギですね。
点線ブロックは実体化している時は通り抜けられませんが、
ただの点線になっている時は通り抜けることができます。

コース中には数多くの「点線ブロック」とそれの状態を切り替える
ブロックが配置されているが、点線ブロックは一方の画面で実体化
している時は相手の画面では点線になっている。互いに状態を
切り替えることで妨害し、また道を開いていくんだ。
この駆け引きが面白いぞ。




D『テレサレース』モード



 

点線ブロックをうまく利用して相手を出し抜こう。




まだまだ続きますよお次はテレサレース。
こちらは先述のVS GAMEモードを一人で遊ぶことができるモードです。
テレサと競争し、先にゴールすると勝利となります。

なんでテレサなのかしらね?

このモードはクリア時のベストタイムが記録されるんだが、
テレサは必ずそれと同じタイムでゴールするんだ。
いわゆるレースゲームで言うところのゴーストだな。

ダ、ダジャレ…!Σ(゜д゜;)




D『SUPER MARIO BROS. FOR SUPER PLAYERS 』モード





難易度は最上級。




"FOR SUPER PLAYERS"…
年季の入ったマリオファンなら馴染みのある言葉よね。
そう、このモードは高難易度で鳴らしたスーパーマリオブラザーズ2
の移植なのよ!

読者の期待を煽るんじゃない…(´д`;)
このモードはコースこそマリオ2のものだが、実際は
オリジナルと比較して差異が多いんだ。

原典ではマリオとルイージではジャンプ力やスリップ力が
異なっていましたが、こちらでは全く同じ性能です。
また追い風がない、さらに9ワールドとA〜Dワールドがない等、
若干タイニーな作りになっていますね。

容量の都合だろうなあ。
仕様の違いが難易度に直結する部分はちゃんとバランスの
再調整がなされているから、そのあたりは心配いらないが。




Eおまけ



  

マリオキャラクター達が運勢を教えてくれる。




おまけモードも充実しています。
こちらはその日の運勢を占ってくれるおみくじですね。
ここで大吉を引いておくと、この後選択したゲームデータの
残機が5UPする隠しギミックもあります。


  

アルバムの画像一例。入手条件が分かるかな?




こっちはアルバムね。
ゲーム中にある条件を満たすと画像が増えていくんだわ。
これを集めるのも楽しいのよね〜。

おみくじやアルバム等のおまけモードの画像は
ポケットプリンタを使えばシールとして印刷することもできる。
その種類はなんと100以上だ!




30世紀まで使うことができます。




カレンダー機能もあり、なんと西暦3000年までのデータを格納。
大事な記念日を登録したり予定を書きこむこともできちゃいます。
かなりの充実度ですね。




F入手困難


とまあDXの名に恥じない豪華さを備えているこのソフトだが、
ニンテンドウパワーでの書き換え専用ソフトであることから
サービスが終了した現在では入手困難となってしまっているな。
その辺、今のダウンロード配信のゲームも同じ問題を抱えているが。

海外では パッケージ販売もされてるんだけどね。
私も予備で北米版を一本買ってあるけどもう
15年以上前のゲームになるし、今から手に入れるのは
簡単じゃないわよね。




北米版パッケージ。




(わざわざ買ったんだ買ったんだ買ったんだ)
一度だけ現代に入手できるチャンスはあったんですよね。
去る2013年12月18日から2014年1月20日までの期間限定で、
『ニンテンドーネットワークID 登録 感謝キャンペーン』で
ニンテンドー3DSのニンテンドーネットワークID取得者に向けて
3DSバーチャルコンソールの形で無料配布されていたんです。

だから当時の3DSユーザーには入手する機会があったんだよな。
とは言っても現在新しくダウンロードすることはできないことに
変わりはない。後日ニンテンドーeショップ配信するという話も
あったが、何の音沙汰もないままだ。

いっそこの内容でリメイクしてほしいと思うわ。
まあスーマリの1,2はバーチャルコンソールとかで
遊べるから今更いいんだけど、対戦モードは本当に面白いのに
遊ぶ環境がないんだもん。このままじゃもったいないわよ。








(c)1985,1999 NINTENDO