◆ドンキーコングJR◆
-Family Computer-





タイトルドンキーコングJR
ジャンルアクションゲーム
対応機種ファミリーコンピュータ
発売元任天堂
価格初販:3,800円(税別)
再販:4,500円(税別)
発売日1983年7月15日




@続編もファミコンと共に


ファミコンローンチ3大タイトルの2本目は前回紹介した
『ドンキーコング』の続編、『コングの息子』です。

え、何で和訳したの?Σ(´Д`;)

つーかそれ、キングコングの続編のタイトルじゃねえか!
お前が何が言いたいのか分からんでもないが、
さりげなく火種をばら撒くのはやめてくれ…。

ええー(゜3゜)ー?
でもこのシリーズは巨猿が美女を攫ったり、続編では息子が主役に
なったり、明らかにキングコングの影響受けてますよね。
裁判では任天堂が勝ちましたけど、みんなわかってると思いますよ?

火種だけじゃなく油まで注ぎやがった!Σ(゜Д゜;)




Aコング≠猿


そもそも、コングって言葉に猿とかゴリラの意味はないもんね。

ああ、孫悟空のことを英語で『Sun Wu kong』って言うらしいんだが、
キングコングはそこから採ったと聞いたことがあるな。

ドンキーコングはさらにそこから採ったと。
そういえばドンキーの意味って…。

ドンキーは『ロバ』のことだよ。
ちょっとだけなら『マヌケ』って意味もあるんだが…。
任天堂としてはドンキーコングというタイトルで
『マヌケなゴリラ』という意味を表そうとしていたんだろうな。

ちょっと無理があるわよね(^^;)
任天堂のみんなは英語が苦手だったのかしら。

でも、変な英語でも定着しちゃったのは凄いですね。
逆に言うとそれだけこの作品が認められたっていう
ことなんでしょうけど。




Bコングファミリーの形成


全然話が進まないから軌道修正するぞ。
ドンキーコングJRについてだが、はじめて登場したのは1982年の
アーケード版だ。前作と合わせ、2つの筐体を一緒に置いてる店が
多かったのが印象深いな。

そのせいか、2つで1セットのような印象があるのよね。
ファミコンでも同時に発売されたしさ…。

そういえば1・2作目が別パッケージで同時発売って珍しいですね。




C敵役はマリオ


本作の主役はドンキーコングの息子であるジュニア。
前作では主役だったマリオに捕らわれた父親の
ドンキーコングを助けるために奮闘します。

マリオが敵役というのが今では珍しいかな。
前作であれだけ暴れたとはいえ、サーカスでは花形だった
ドンキーコングを手放したくない一心だったんだろうか・・・。

こういった演出が因縁の深さを強調してるのよね。
マリオがすっかりお利口さんになった今じゃちょっとできないわあ。




Dステージ1





ワニの名前はスナップジョーといいます。




ステージ1は猿らしく(?)植物のツタを登っていく面よ。
敏腕調教師のマリオが飼い馴らした敵たちはフルーツをぶつければ
撃退できるわ。ツタを2本掴むと登りが、1本だけ掴むんでると降りが
速くなるのを利用して父親のもとを目指しましょ!




Eステージ2





鳥の名前はニットピッカーといいます。




ステージ2にはジャンプ台や動く床などのギミックがある。
最初のジャンプ台ではタイミングさえ良ければ上の足場に
直接乗り移ることも出来るぞ。鳥の動きは単調で避けやすいが、
忘れた頃に喰らってしまいがちな卵攻撃にはくれぐれも気をつけろ!




Fステージ3





悪魔の調教師は電気をも飼い馴らす。




ジャングルから移送された父を追い、辿り着いたのがこちらです。
ステージ3は配電室。不気味に光るスパークの高速移動が脅威です。
絶縁や接地はしなくていいのかな。




Gステージ4





父親コングを檻から救え。




そしてステージ4、最終面は・・・。どこかしら、ここ?(´Д`;)
よくわかんない所だけど、とにかく鎖の鍵を全部押し上げれば
檻が開いて父親を開放できるわ!クリアはもう目の前よ!




H袂を分かつ







悪辣マリオここに死す。




あ、マリオが死にました(^^;)

残機があるから平気だろ、多分…。
それはそうとコング達はうまく逃げ切れたようだな。

約2年に渡って続いたコングとマリオの競演もここで一旦おしまい。
ここからは別々の道を歩いていくことになるのね。




Iローンチの中ではお買い得?


本作はまた、移植度の高さが話題になったりもしたな。

デモ画面がないのはしょうがないとして、4ステージ全部が
しっかり収録されてるからね。
ステージを削られたりしなくて本当によかったわあ!

私もそうですけど、ローンチタイトルの中では本作が一番
ステージ数が多いので、これを理由に買った人も大勢いた
みたいですよ。

それにこの3作の中ではアクション性が最も高く、そういった意味でも
支持は強かったと思う。とにかくお買い得感があるゲームだった。








(c)1982 NINTENDO CO.,LTD.